作品名開運四神龍虎図
(かいうんししんりゅうこず)
作 者茂木蒼雲作
画 歴幼少より非凡なる画才を発揮し各展に入選。美大にて日本画と出会い、以後一筋に進む。鋭い観察眼で描く作品は多くのファンを持つ。
草夕会会員。
作品説明鮮やかな紅に染まり美しい雄姿を誇る霊峰「赤富士」を背に、風水「四神相応」の理想の地を壮大に描いた人気の山水画。東の奥地には作物に欠かせない清流(青龍)が流れ、南は開けた池や平地(朱雀)、西は人通りの賑やかな山街道(白虎)、北は冷たい北風から守ってくれる小高い丘や山(玄武)という、古来理想の条件といわれる風景。
それぞれにキトラ古墳の壁画でもお馴染みの四神獣がしっかりと守護する開運山水画の集大成です。
寸 法約190cm×54.5cm(尺五立・桐箱)
お掛けになる
時期
一年中
送 料全国無料
嬉しい特典桐箱・風鎮をお付け致します。
平成二十四年 干支・龍特集(開運)